読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KISSの原則

ソフトウェアに関わらず工学における哲学のような印象を受けます

意味は?

Wikipediaより引用

KISS の原則 (KISS principle) とは、"Keep it simple, stupid" (シンプルにしておけ!この間抜け)、もしくは、"Keep it short and simple" (簡潔に単純にしておけ)という経験的な原則[1]の略語。その意味するところは、設計の単純性(簡潔性)は成功への鍵だということと、不必要な複雑性は避けるべきだということである。意味はそのままに余計な文字を省略して、"KISの原則"とする人もいる。

不必要に複雑なことをせずにシンプルにつくっておけということですね。。。

この原則の起源と思われる似た概念がいくつかある。例えば、「オッカムの剃刀」、アルベルト・アインシュタインの「何事もできるだけ単純な方がいい。ただし、単純にしすぎてはならない」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「単純であることは究極の洗練だ」の言葉、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの「完璧とは、これ以上加えられないときではなく、これ以上削りとれないときに達成されるようだ」などである。

Unix哲学とかも近いところある気がします。。。