読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな買い物でもカードを使うようになった

ちょっと前まではコンビニでも小さな買い物でいちいちカード使うの面倒に思ってたのだけど、最近はすべての買い物でカードを使うようにしてる。

大した理由はないのだけど、シンプルに手間が減るのがよい

額が小さいほうがよりカード向き

コンビニで適当な買い物をすると大体1000円以下でおつりが数百円出てくると思う。 そうなると必然的に財布の残金を確認して、おつりの端数をまとめられないか計算するフローが発生する

カードで払えば提示してたまに署名を書くだけ。

そうすれば小銭を受け取らずに済んで財布が太るストレスや財布の中身を確認するストレスから開放されるので結構有意義だと思ってる。 (同じことは電子マネーにも言える)

デメリットが”ほぼ”ない

現金お金を払うタイミングが異なるだけでデメリットらしいものはあまり多くない。 手数料は考えられるが多くのチェーン店では手数料が取られない。反対に個人経営のお店では手数料取られる事がまだあるかもしれないのでそういう時はおとなしく現金を払おう…

また、大手家電量販店などポイント還元率が減るケースもあるのでそういう時もおとなしく現金がよさそう…(家電量販店と提携したカード作れば倍率が変わないこともあるけど)

まとめ

現金払う事って習慣になってるので大したコストと認識してないかもしれないけど、実は結構手間がかかる行為だと思っててそこを補完してくれる便利な道具があるなら積極的に使っていこう。

※自動チャージされる電子マネーに対しても同じことが言えるかも